どっと疲れた日に1人でゆったり宅飲み

毎週月曜日から出勤が始まり、日が経つにつれたまる疲れ、金曜日にはへとへとなのに、タスクは減らずにたまる一方。土曜日返上でタスクをこなす。そんな日が続きます。そんな日常の私の楽しみは、気兼ねなくゆっくり一人で宅飲みをすること。一人で宅飲みなんてさみしいと思われがちですが、一度してしまうと虜になってしまいす。もちろん一人暮らしでなければなかなかできない事ですけどね。
一人宅飲みのやり方は非常に簡単です。まずは心の準備が必要です。これは「今日はこのタスクを終わらせて、気が済むまで飲むんだー」と意気込むことでタスクの消化を促し、夜の飲みへと気持ちを高める効果があります。
次に何を飲むか、何をおつまみにするかについてタスクの休憩や隙間時間に考えます。この作業によって宅飲みの質をあげることができます。もしも何も考えずにとりあえずビールなんてしてしまうと、きっと飲みの途中で後悔することになるでしょう。
さて、これらの準備を終えたらあとはタスクを終わらせるだけです。タスクが終わればいよいよ宅飲みを始めましょう。
私の1人宅飲みには、料理は出来合いのものではなく、自分で作るというこだわりがあります。そのため、宅飲みは料理をするところから始まります。ここにさっそく幸せがあります。料理をしながら飲むお酒がおいしいのです。誰を待たせているということもないので自分のペースで料理を作りながら、飲み、次の料理を作りながらまた飲み、、、
可能であるならば休日のお昼から1人で料理しながら宅飲みを楽しみたいところですが、なかなかそんな時間はありませんね。これは老後の幸せのためにとっておこうと思います。マッチアラームで出会いを求めたいです。